ドメーヌ・ジェシオームは、1850年にジェシオーム家によって作られました。 スコットランドで最も裕福な名家、マレー家が財産を築きドメーヌを買い取る2007年までは、伝統的なブルゴーニュドメーヌでしたが、その時から新しい時代が始まったのです。

 新しいオーナーはこのビティ/ビニコールを変えていきました。2015年に当時25歳だったウィリアム・ウォーターキーンがブドウ園とワイン作りの責任者に任命され、2016年より農業バイオロジカルへの転換が始まります。2019年には有機ワイン醸造の認証を受けます。

 さらに、2017年よりバイオダイナミックへの転換が始まりました。ワイン製造方法も変わり、アルコール発酵中で糖分を補完することもせず、亜硫酸塩もワインの熟成中で使用していません。亜硫酸塩を瓶詰めの時だけで少量で添加します。

 野心的、かつ繊細な作り手によって、セラーはよく整備され、設備も近代的で実用的に改造されています。